設計事務所時代  

Iバレエスタジオ併用住宅

外観
外観

木造2階建て、半地下の駐車場部分はRC造。

1階は全てバレエスタジオで、2階が居住部分です。

 

8m×12mの広いバレエスタジオを確保するのに、鉄骨ではなく、大断面の集成材という木を使って、特殊な構造にしてあります。

駐車場を車8台分確保するために、基礎全体を持ち上げ、3階建てにならないように半地下状態にして設計してあります。

 

スタジオから見た玄関ホール
スタジオから見た玄関ホール

あくまでも明るく、広く、清潔に。しかも保護者のお母様方が、子供達のお稽古を見るのに、見やすいように、というコンセプトで設計したホールです。玄関ドアはオリジナルで設計してガラス面を広く取り、明るくしました。でも中は覗き見が出来ないように柔らかくスモークにしてあります。

教室でのミニ発表会では登場口になります。カーテン、手摺などで工夫して、色々に使えるようにしました。

2階の居間食堂  正面はキッチンセット
2階の居間食堂  正面はキッチンセット

2階の住居部分は天井の材料を見せ、白い床と対比させながら、木の建具や家具などとあわせて木の質感を見せるようにしました。

バレエスタジオの天井高さは3mありますが、2階の高さは抑えて、外からは居住部分があまり見えないような工夫をしてあります。

居間食堂は、あえて北側、つまり広く交通量の多い道路側にして、寝室を南側の静かな面に配置しました。

でも、居間食堂は決して暗くありません。ベランダの手摺を少し高めで、しかも真っ白にしたので、反射光が入ってきてかなり明るくなるようにしました。北側にあるとは、だれも気が付かないでしょう。

バレエスタジオ練習風景
バレエスタジオ練習風景

バレエスタジオは床の柔軟性が重要です。硬すぎると膝を痛め、柔らかすぎるとバウンドしてしまいます。

今回の設計では複数のメーカーのスポーツ用システムフロアーを検討し、その中から良さそうな物を選び、メーカーに協力してもらって1坪程のモックアップを制作して堅さを確認しました。

例えば、エアロビクス用などの床だと、バレエには柔らかすぎ、ジャンプ時に違和感があります。また、通常の床のゴムで防音用の素材がありますが、それでは硬すぎます。今回の選定は、メーカーにお願いして、複数のゴムを用意してもらいました。

 

また、床の仕上げ材も重要です。適度に滑りやすく滑りすぎないで、しかも強靱で色が明るめ。バレエ専用という床材も試しましたが、滑りすぎでした。これも1坪程のサンプルを多数取り寄せ、実際に試してみてから決めました。

天井高さ3mという広く高い空間、快適な空調と臨場感のある音響効果。バレエスタジオの設計は、通常のスポーツスタジオとは違い、かなり神経の細やかさと経験が必要です。

Hマンション 建替え

マンションの外観
マンションの外観

珍しい、マンションの建替えです。

 

ある設計事務所が受注したプロジェクトですが、手が足りないので、アトリエ・アンド・アイと東海大学が協力して、共同設計という形で携わりました。

 

都内に建てられた、RC造、地下1階、地上5階建て、75世帯の分譲マンションです。

 

56世帯の築50年の団地型マンションを解体し、75世帯の大きいマンションで計画し、余剰部分の住戸を販売することで建設費を捻出しています。

 

 

中庭部分
中庭部分

マンションの設計コンセプトは、住民の意思による建替えプロジェクト。50年以上に渡る理事会のコミュニティーは強力で、建替えの意志決定から完成までに、100回以上の理事会を開き、意志決定してきました。

 

そんなコミュニティーを維持して欲しいと、広い中庭を設けています。

 

完成した後も、毎年正月には餅つき会、夏には屋上で夕涼みのビアガーデンを開いています。

良好なコミュニティーは、完成後も続いています。

マンションホール
マンションホール

 

建替え後も住み続けた49世帯の地権者の住戸は、全てフリープランとして設計し、一人一人、個別に対応して設計してあります。

もちろん打ち合わせは、全戸、個別打ち合わせです。合計で何十回の打ち合わせになったかは分かりませんが、全戸丁寧に対応しました。

 

ですから、ちょっと変わった設計もたくさんあります。普通のマンションでは有り得ない、オリジナルの間取りです。

W邸 Hマンション内の住戸

雑誌の取材風景
雑誌の取材風景

Hマンション建替えの中の一室です。

 

独身女性の住戸ですが、週刊ダイアモンド誌に掲載されたものです。

 

完全なワンルームで、間仕切り壁は水回りしか存在しません。

浴室もガラス張りで、庭付きの1階にあるため、浴槽から、遠く庭を眺めることができます。

ガラス張りの浴室
ガラス張りの浴室

 

マンションでガラス張りの浴室にするのは、新築では不可能に近いことです。

理由は、施工するゼネコンが水漏れなどの不具合を恐れるからです。

 

リフォームでは時々見かけますが、かなり粘り強く交渉して、ユニットバスメーカーの個別対応の強力もあって、1階だからという事で成立しました。 入浴気分は最高で、大満足だそうです。

M邸 マンションリフォーム

既存の居間食堂
既存の居間食堂

築26年のバブル初期に建設されたマンションの、既存の居間食堂です。右奥が独立した台所です。

一応3LDKですが、66㎡ですから、居間食堂はかなり狭いです。 

 

3室を確保するために、全体に小さく仕切られているため、内部は狭くて使いにくい間取りです。

 

また床材も、当時流行した暗い色のフローリングで、感じも暗いです。

リフォーム後の居間食堂
リフォーム後の居間食堂

一度全解体をし、間取りもほとんど変更しました。

全体的に間仕切りを無くし、台所との境も全て撤去し、広々として風通しの良い空間としました。

床材も明るいコルクタイルで全て統一し、空間の一体感を強調しました。

 

台所への間仕切りやカウンターを無くし、台所から食堂にかけて、連続した大きなカウンターを計画しました。もちろん、キッチンはステンレスカウンターで、食堂は木のカウンターです。下は全て収納。

この連続した一連のカウンターが、部屋を広く大きく見せ、しかも使い方が自由で、ストレスがまったくありません。

既存の南側個室と続きの和室
既存の南側個室と続きの和室

 

既存の、南側の個室6畳です。

 

そこと和室が続きで、和室には引き違い戸が付いていました。

 

和室は日中でも暗く、寝室としてしか使えない状態でした。

リフォーム後の個室
リフォーム後の個室

居間食堂との境の壁を撤去し、ハンガーレールの引戸を付けました。

 

奥の和室は洋室に変更し、建具は大きな1枚引戸にして、開口を大きくし、明るい部屋になるようにしてあります。

写真にある奥の洋室は、元の和室だったところです。引戸を大きくし、一体感を作りました。この部屋の奥は更に引戸で何度に通じ、その奥の北側の洋室まで繋がっています。そのため、廊下を通らずに何度経由で行き来できます。

風通しは最高で、エアコンも1台で北側の部屋まで十分に冷えています。

 

その他の写真を下に並べました。居間食堂から台所にかけては、キッチンと高さを揃えたカウンター収納が延びていて、壁も木地仕上げで統一しました。これも、部屋を広く使える工夫です。

 

 

最後に、この現場を担当して下さった、栄港建設の工事主任さん、塚原さんをご紹介します。ベテランの方で、色々なアドバイスを頂きながら、私の面倒な注文をこなしてくれました。ありがとうございます。