英語から

左の写真は何でしょう?

陶器製のスープやシチューの容器みたいです。

 

アメリカの作家Connie Willis の小説からの引用です。

Chamber pots were extant in country village mannor houses in 1320.

1320年の荘園の家には、チャンバーポットがあった、という意味です。

写真がそのチャンバーポットです。

このポットが置いてあった場所は、

There was a chest there, a low wooden box・・・・・・

つまり、低い木製の箱の中にあったそうです。

 

実はこれ、便器なんです。Chamber pot は便器、又はおまると訳します。

 

ヨーロッパでは、20世紀初頭まで、この器を便器として使用していました。この中に排泄し、その後処分していました。

1320年だとまだ木製の器が主流で、近世になると陶器の器になり、貴族達はこぞって美しい器を用意していました。

写真は正に、その器です。

 

日本では、厠(かわや)と言えば、屋外にあって肥だめの上に作られていました。

中世のヨーロッパでは、室内でこの器の中に排泄し、器は使った後洗って、部屋の中の木箱か何かにしまっておいたのです。

 

欧米のトイレがbathroom として寝室の隣にあるのは、そうした文化から来ています。風呂もトイレも、昔から寝室の中か側に有り続けていたという訳です。

日本とは、ずいぶんと違った文化です。

長い歴史の末にたどり着いたトイレの位置です。簡単には変えられない文化でしょう。