家のスタイル

イギリスのスレート屋根住宅
イギリスのスレート屋根住宅

住宅の屋根で、瓦と同じくらい有名なものに、スレートがあります。

東京駅の再建で、屋根に宮城県産の天然のスレートが使われてニュースになり、その存在を知っている人も多いのでは。

 

スレートはslate で、主にヨーロッパで使われていた、薄く割れる天然石(粘板岩)の事です。写真のような屋根を、ヨーロッパの住宅などで見ると思いますが、この屋根がスレートです。

 

ですが、最近の日本では、天然石のスレートはほとんど使われていません。全て人工の薄い板で、珪酸カルシウムなどを使って、薄く丈夫で、しかもカラフルに作られています。天然のスレートは厚みが1cm以上はありますが、人工のスレートは数ミリの薄さです。

 

最近では、安くて、施工性が良く、カラフルで、耐久性も高く、台風で飛ばされる心配もなく、軽くて耐震性に優れている、という良いことずくめが理由で、都市部の住宅での主流となっています。

とは言っても、焼き物の瓦や、天然石のスレートと比較すれば、人工のスレートの耐久性は劣りますが・・・

更に加えて、人によっては、薄っぺらくて安っぽい、などと悪口を言う人もいます。

確かに、有名な建築家の作品ではほとんど見かけません。恐らく、中途半端な偽物はいやなのでしょう。

 

天然のスレートは、角が少し欠けていたり、色むらがあったり、大きさが微妙に違っていたりと、天然ならではの味わいがあります。それと比較されては、人工スレートも勝ち目はないかも。と言うよりも、酷かもしれません。

 

屋根勾配は急で、屋根が大きく見えます。

少し古いイメージで、洋風の趣を持った家にはピッタリですが、日本にスレート葺き職人があと何年居るのかを考えると、ちょっと不安もよぎってしまいます。