インテリアデザイン

自分流のインテリアデザイン
自分流のインテリアデザイン

最も最新のインテリアデザインは何でしょう?

とよく聞かれます。でも、答えられる人はいないでしょう。

 

確かに流行はあります。服装と同じで、年代や地域、男女による違いはありますが。

例えば、素材で言えば、天然木を使ったり、珪藻土や漆喰などの塗り壁にしたり、色を使わずにモノトーンで仕上げたり、コンクリートをそのまま見せたり、と、新築の住宅などで比較的多く見かける素材などがそうです。

 

だからといって、それが最新のデザインかと言うと、そうではありません。

ただの、流行です。

偽物の合板でなく本物の木を使うのは昔からあったことですし、塗り壁もリバイバルです。決して、最新ではありません。

雑誌をめくると、すごいインテリアが出ていたりしますが、あくまでも写真の中だけのこと。その写真を写すために、どれだけの準備をする事やら。余計な物は全て隠して、持ってきた小道具でインパクトを与えたり。結構な時間をかけて、一瞬を切り取っている訳です。

 

建築デザインは常に過去の物です。作った瞬間に、過去になります。ただ、1年の過去か10年の過去かの違いだけです。

ですから、モダンやコンテンポラリーと言っても、2~3年もすれば普通になってしまう訳です。

ということは・・・・

自信を持って、自分流で行きましょう。他人の目や恥ずかしさなんて、関係ありません。堂々と、自分の好きな空間にするべきです。インテリアスタイルに乗る必要はありません。

 

但し、自分一人でやると、めちゃくちゃになってしまう危険性があります。というか、なってしまうでしょう。

そこで、インテリアデザイナーや設計士に相談する訳です。こんな風にしたいんだけれども・・・・と。

 

自分流の手助けをするのが、プロの仕事です。どんどん、言いたいことを言いましょう。