リフォーム工事

解体前と解体中
解体前と解体中

私の設計したマンションリフォームの工事が始まりました。

ときどき、工事の途中経過を紹介したいと思います。

 

写真の上が解体前の室内です。

今回のリフォームは、間取りを変更しながら、設備や内装も全てやり変えるため、既存の間仕切り壁は、一切使いません。そのためほとんど全部を解体します。

下の写真は、間仕切りを全部撤去し、外周と床下地、天井だけが残った状態です。

全く同じ位置から撮った写真ですが、反対側の窓まで見えているのが分かります。

 

間取りを変え、内装もやり変えとなると、完全に解体して、スッカラカンにする方法もあるのですが、そうすると費用が高くなります。使える天井や、床下地はできるだけ既存を利用し、解体費用と大工工事を最小限に抑える努力をしました。

そのため、解体も若干丁寧です。ぶちこわす、という解体ではなく、解きほぐすようなイメージで、のこぎりで切り取りながら、マグロの解体のように部分部分で解体して行きます。

 

電気設備や照明器具の位置などに制約が出てしまいますが、そこをうまく設計するのがポイントです。配線の通り道などを考えながら設計し、解体範囲を最小限にしました。

 

まだ、一日目の状態です。

今後の工程も、できるだけお見せしたいと思います。