英語から

ベランダに植物を置いているベトナムの住宅
ベランダに植物を置いているベトナムの住宅

The International Herald Tribune から。

ベトナムのある住宅に関する記事の一部です。

‘‘I’m traditional and my daughter is modern, but that’s not a problem,’’ she said. ‘‘Green is our common interest.’’

「私は伝統的デザイン、娘はモダンなデザインが好き。だけど問題はありません。グリーンは二人とも好きだから」と言っています。

 

家の中に吹き抜けを作って、そこに観葉植物を置いたり、屋上やベランダに鉢植えを置いたりして、住宅や建築に植物を取り入れる習慣は世界中にあります。

日本では、屋内の観葉植物はもちろん、マンションのベランダで花を咲かせたり、戸建ての庭にガーデニングしたりと、いろいろな植物との交わりがあります。でも、日本人と植物との関係は、植物の自然な美しさを愛でる関係でしょう。そうした庭を、部屋の中から眺めて楽しむのが日本流。一方の欧米では、徹底して庭を作り上げる傾向があり、交わり方にもお国柄があるようです。

 

一年中美しい花が咲いている熱帯地方では、家の中や庭に植物があふれていますが、特に花びらだけを使って、食卓や会議室などを飾る習慣があります。食事は楽しくなり、重苦しい会議もちょっと和んでいい感じです。

 

最近では屋上緑化や壁面緑化が盛んで、猛暑の夏での省エネに一役買っていますが、実際には維持するのは結構大変です。小学校のへちまやゴーヤの様に、一部の窓だけを覆うのは手軽ですが、建物全面となると、相当の設備になります。まして屋上緑化は個人住宅では難しいでしょう。猛暑を切り抜けるには、相当の水が必要ですから、たいてい息切れしてしまいます。

 

室内のほどよい観葉植物や、小さな庭のささやかな花壇あたりが、楽しく植物とお付き合いする秘訣でしょう。