リフォーム工事

数人で打ち合わせをしている現場
数人で打ち合わせをしている現場

リフォーム工事もいよいよ大詰めです。大工工事がほぼ終わり、キッチンセットが入りました。

この後はクロス仕上げや塗装工事が入り、最後に床仕上げ材で終わりです。

 

大工工事は、予定より1週間遅れています。

やはりリフォーム工事は、工程が読めません。ゼロから全部自分でやるなら、自分のスケジュールで、予定通りにほぼ進むのですが、リフォーム工事ではそれが狂います。

例えば、既存の床を残しながら、その上に壁を作り直す作業にしましたが、床が水平でなく、特に建具の枠を取付けるのにものすごく時間がかかりました。

 

床が水平でないのは、マンションではよくあることです。もちろん新築時はそれなりに平らなのですが、長年の間には、木が縮んだり接合部がゆるんだり、コンクリートの床が垂れ下がってきたりして、少しずつゆがんできます。最大で1cm程度でしょうか。それぐらいの凸凹でした。

ゼロからの工事なら、もう一度全部を水平に作り直すのですが、コストダウンで既存を残したので、このような事がおこります。

 

現在と違った作り方や金物類、あれっと思うような変な作り方、微妙な隙間などなど、大工の手をわずらわせる事が山ほどあります。大工泣かせです。これだから、リフォーム工事は高くなるのですね。でも、あまりお客さんには理解されない部分ですけど。

 

最後の仕上げ工程は、多くの職種が入り乱れて、戦争状態になります。

でも、その後には、きれいな新しい部屋が表れます。それを見るのが、一番の楽しみです。