建築デザイン

風通しの良い夏向きの家
風通しの良い夏向きの家

「日本の家は夏をもって旨とすべし」とうのは、徒然草の有名な一文で、吉田兼好の言葉です。日本の夏は蒸し暑くて辛いので、夏に快適に住めるように設計すべき、という趣旨です。

 

今から700年前の言葉ですが、正に現代を表現しているようで、興味深いです。

でも、この言葉の本当の意味は、冬は暖房でしのげるが、夏はどうしようもない、という鎌倉時代の事情が背景にあります。エアコンの無かった当時としては、西日を避けながら風通しを良くして、中庭などに水をまいて涼を取るぐらいしか手段がなかったからです。なので、夏向きの家にしよう、と提案した訳です。

 

では、現代はどうでしょうか。

高断熱で気密性も高く、アルミサッシを閉じてエアコンで環境を作る生活です。風通しや西日はカットされ、庭に水をまこうにも、庭がない。仮に庭があって水をまいても、サッシを閉じていては同じ事。とすると、暖房費が高くなる冬向きの、高い断熱性能の家の方が良いのかもしれません。

 

でも、この議論はきっと答えは出ないでしょう。それに、住んでいる地域によっても違うし、暑がりと寒がりとでも違ってきます。

例えば私は、汗っかきの暑がりで、風通しが大好きです。冬の寒さにはめっぽう強く、家では一年中素足でいます。ですから、開放的な夏向きの家が好きです。

でも妻は全く逆。寒がりで、冬は靴下を3枚重ね、服も5枚くらい重ね着している様です。私が冬でも窓を開けて風を通すので、家の中でも、まるで外にいるような格好です。

 

国が省エネと称して、高断熱で高気密の住宅を推奨したため、現代の住宅は、実際には夏向きでも冬向きでもないのかもしれません。しいて言えば、オールシーズン型でしょうか。家の中には、季節が無いとも言えます。

この傾向は、今後も強くなり、更に発展するでしょう。

 

「日本の住宅は人工的環境をもって旨とすべし」・・・・・・