インテリア素材

前川國雄自邸の居間の障子
前川國雄自邸の居間の障子

窓にはカーテンを掛けるもの、って決めつけている人が多くいます。住宅を設計していると、インテリアデザインの一連の中で、必ずカーテンの話が出てきます。

 

現代住宅の中では、窓に掛けるものはレースとドレープのカーテンが、確かに圧倒的に多いようです。もちろん、ブラインドやロールスクリーンなどもありますが、開け閉めや出入りのある窓には、あまり向きません。窓を開けたままブラインドを下ろすと、風でブラインドが揺れて、壊れてしまいます。そんなこともあって、カーテンが選ばれるのでしょう。

 

実際カーテンには、多くの長所があります。

まず、遮光をしてくれること、そして同時に目隠しもしてくれることでしょう。特に最近の住宅では雨戸が無い事が多いので、余計に遮光は貴重です。加えて、断熱をしてくれる事も忘れてはいけません。この効果は、冬にはかなり大きなものです。

でもやはり、インテリアとしての価値です。単調な壁紙に対して、カーテンの豊かな色彩は貴重でもあり、インテリアを決定付けることもあります。つい安めの「つるし」に走りがちですが、本当はもっと慎重に選んで欲しいのですが。

 

そんなカーテンですが、障子の存在も忘れないで欲しいと思います。

和室が減った今、障子を使う人は少ないですが、実は障子というのは、優れたインテリア素材なのです。

外からの光を柔らかい光に変えてくれるのが、障子です。更に、カーテンのような重さが無く、木と紙の素材感は軽快でもあり、しかも落ち着いてもいます。断熱性能もあり、結露も防いでくれます。

最近は破れない障子紙というのも売っていて、樹脂と和紙を組み合わせて強くもなっています。

 

障子は和室のもの、というのは過去の話。モダンにも超モダンにも、カジュアルにも似合うし、もちろん和風には最適です。特に、全体的に木質系のインテリアでまとめたときは、障子はバッチリです。

障子は、木の桟の入れ方で、色々な表現ができ、多くの建築家達はこだわりを持って、桟の入れ方をデザインしています。

 

和室や和風、と決めつけないで、粋な障子の活用で、一目おかれるインテリアを作ってみてはいかがでしょう。