リフォーム工事

これからの季節に気になる 台風の進路
これからの季節に気になる 台風の進路

今日は久しぶりに強い雨が降っています。西日本や九州方面では何度も強い雨が降っていますが、関東地方は比較的少ない梅雨でした。最近は、降るとドシャ降りで記録的豪雨、とニュースが騒ぎ、晴れると真夏日とかで、やはり温暖化の影響を身近に感じる気がします。

 

大雨や台風は、住宅関係者にとっては鬼門です。何かしら苦い思い出を持っているものです。

私も、台風での雨漏りや現場のシートが飛んで電車の架線に引っ掛かったりなどと、嫌な思い出があります。特に、雨漏りは胃が痛くなります。

 

最近の住宅は、屋根瓦がスレート葺きになっていることが多く、雨漏りはしにくくなっています。それでも屋根の入隅部分や、谷間などでは金属板が劣化して雨漏りを起こします。

でも屋根付きの木造住宅は、あまり雨漏りはしません。屋根さえ10年から15年に一度メンテナンスをしておけば安心です。いやなのは、屋根や庇のないコンクリートの住宅です。

どうしても防水の劣化や不良から、屋根やベランダの何処かしらから水が入ります。そして、入った場所とは全然違う場所に雨漏りが現れます。コンクリートの中の亀裂や隙間を伝わっていくので、入るところと出るところが離れているので、雨漏りの原因を探すのが極めてやっかいです。

 

更に、庇の無い住宅では、窓の周囲の隙間や、換気扇の出口の周囲など、劣化が進むと、いたるところから入ってきます。これも出所が離れているので、やっかいです。しかも、雨の翌日に表れたりもします。

 

何しろ、現場で部材をつなぎ合わせて作っているのですから、時間が経てば水は入るもの、と思った方が良いでしょう。

そんな訳で、外周部は10年から15年に一度、信頼の置ける業者さんに、メンテナンスをしてもらうのが一番です。人間の健康診断みたいな物です。手遅れになって、修理費がかさむ前に、是非点検をしてもらいましょう。