設備の話

IHクッキングヒーター(メーカーカタログから)
IHクッキングヒーター(メーカーカタログから)

一時オール電化というのが流行しました。ガスを使わないで、給湯や暖房、調理も全て電気で行う住宅のことです。

流行のきっかけは、何と阪神大震災でした。震災の後の復興で、電気が一番先に復旧したのです。ガスはなかなか復旧しませんでした。理由は簡単。ガスは一ヶ所でも漏れていたら危険なので、全てが修復するまで供給出来ないですが、電気はその点安全です。出来るところから送電を開始した訳です。

 

そんな訳で、震災復興には電気が強い、という説が大きく報道されました。

確かに、電気でお湯を沸かす電気温水器というのは、300リットル~400リットル程度の貯湯をしているので、水道が復旧しなくてもしばらく水に困らないとか、復旧の早い電気なら、暖冷房も調理も不自由しないとか、多くの利点がありました。

 

でも、今度の東北の地震では正反対のことが起こっています。原子力発電所が使えなくなり、電気の供給が止まり、電気代も値上がりしていて、電気離れが起こっています。

同じ震災からの教訓ですが、正反対の結果になっているのが不思議です。いったい、何が正しいのでしょう。

 

私は、深夜電力温水器は好きです。理由は貯湯できるからです。やはりいざという時、水があるのは安心です。それに、深夜電力は安いですし、お風呂の追い炊きもできますし。

冷房は電気だけなので別として、暖房は床暖房がお勧めです。これも電気かエコキュートで十分でしょう。

後は台所のコンロです。IHクッキングヒーターは安心で、夏も暑くなく、表面はいつも綺麗ですので、快適ではあります。電子レンジも便利になりました。調理に火を使うのも、そろそろ卒業しても良い頃でしょう。ちょっと原始的ですから。ただ、好き嫌いがあるようです。なかなか徹底しません。

 

未来の姿は、やっぱり電気だと思います。コンピューター制御が出来るのは、電化製品の最大の特徴ですので。ただし、電気の安定供給と低価格化が絶対条件とすると、日本は心配です。

以前このブログでも書きましたが、欧米ではガスコンロより電気コンロが人気です。日本はどうなるのでしょうか・・・・・