設備の話

壁面緑化 夏の遮熱には効果的です
壁面緑化 夏の遮熱には効果的です

突然、暑い日がやってきました。梅雨の間、横浜周辺では雨らしい雨も降らず、いきなりの猛暑となりました。ニュースでは連日のように熱中症の対策を流し続けています。

都会の夏は、コンクリートや道路等が焼けているので、通常の気温より高くなってしまいます。都市全体がフライパンの上で焼け石を温めているような状態です。そして、その熱は東京湾からの東南の風に乗って、練馬区や埼玉の方へ流れているらしいです。なので、横浜は、練馬や埼玉方面に比較すると、幾らか気温は低いようです。

 

暑さ対策と寒さ対策、どちらが大切? ってな質問を学生にすると、結構意見が割れます。

当たり前ですが、北国や涼しい地方の出身者は寒さ対策で、西日本や南の人達は暑さ対策となります。じゃあ、関東地方の人は、っていうとどうでしょう。統計は取っていませんが、きっとバラバラなのでは。つまり、どちらが苦手かで決まるような気がします。

ただ、最近のニュースでは、暑さで倒れる人はたくさん居るようですが、寒くて倒れる人はあまり聞きません。

 

住宅は、寒さ対策の方が簡単です。っていうか、慣れています、と言うべきかもしれません。快適な暖房と断熱は、日本の得意芸とも言えます。それは、政府が住宅金融公庫の制度を使って、住宅の保温対策を奨励してきたからです。でも、暑さ対策は奨励してきませんでした。冬の断熱が優先されたのです。遮熱を言い始めたのは最近のことです。

加えて、温めるのは簡単ですが、冷やすのは手間が掛かります。

 

通風だけでは涼しくならないのが、都市の住宅です。遮熱とエアコンに頼らざるを得ないでしょう。でも、夏に遮熱すると、冬には太陽の輻射熱を遮ってしまうので、部屋が暖まりません。

保温と遮熱。両立は困難です。仕掛けが大掛かりで、お金がかかります。

暑さ対策と寒さ対策、あなたならどちらを優先しますか? 

今の時期なら、きっと、暑さ対策を選ぶのでは。