英語から

ネットに出ていたニューヨークのTiny apartment の写真
ネットに出ていたニューヨークのTiny apartment の写真

東京の都心部でマンションを買ったりアパートを借りるのは大変です。高いですから。 例えば、山手線の内側で、大手町まで通勤30分以内と言ったら、50㎡のマンションで6000万円はするでしょう。なかなか、買える物ではありません。

 

昨日のInternatuonal Herald にニューヨークの住宅事情が出ていたので、紹介します。

まずアパートの紹介から。It is 38 square meter  one bedroom and fifth-floor walk up. となっています。広さ38㎡の1LDKでしょう。しかも5階でエレベーターは無いようです。

While it is nicely renovated. きれいにリフォームはされているようです。

The apartment in the borough of Mnhattan was listed two month ago for $595,000. このアパートはマンハッタン自治区のアパートで2ヶ月前に売りに出されたそうですが、$595,000 ですから、何と約5900万円ということになります。

 

38㎡の1LDKで5900万円です。ちょっとビックリです。もちろん、高くてビックリです。

東京は高いと思っていましたが、ニューヨークはもっと高いようです。

でもって、このアパートは売り出し初日に55人が見学に来て、10日で7人の予約が入り、売れてしまったそうです。

 

買ったのはもちろん単身者で、Ms. Annette という女性だそうです。

彼女の話だと。広いアパートは高過ぎて買えないが、これだけ小さければ買えるのだそうです。しかも、今のニューヨークはアパートが不足していて、売り物件がネット上に出ると、購入希望者が殺到するそうです。

でも、この値段、リーマンショック以前に比べたら、まだ安いそうです。

 

住宅事情が必ずしも良くないニューヨークでは、現在、Tiny apartment と呼ばれるこうした狭い物件に人気が集中しているそうです。広い物件は高価で買えないけど、狭ければ買える。しかも、通勤ラッシュや交通渋滞は嫌だ。できれば自転車で通いたい。

と言うのが、今のニューヨーカーのトレンドとか。

やっぱり大都市に住むのは、どこも大変なようです。