インテリア素材

かわいい子犬には癒されます
かわいい子犬には癒されます

ペットOKのマンションが増えたこともあるでしょうが、室内で小型犬や猫などのペットを飼う家庭が増えました。特に小型犬は種類が豊富なこともあってか、急激に増えたような気がします。

 

言うまでもなく、小型犬などのペットは、高齢者世帯での癒しや楽しみとしても重要な位置を占めていますし、子供の情操教育としても昔から認められていますが、特に高齢者世帯ではその意義が高く評価されていて、世話をすることにより、自身の運動や生き甲斐、話し相手やペットを通じてのコミュニティーなど、有意義な事が多いようです。

 

やはり動物を室内で飼うには、それなりの準備や仕上げが必要です。人間と同じでは困ることも多々あります。

まず、床材です。特に犬は爪が出ているので、フローリングだと滑り、カーペットでは引っ掛かって爪を怪我します。また、マンションでは階下への音も気になります。

抜け毛の舞い上がりも注意です。人毛も動物の毛も、ダニの大好物です。毛だまりはダニの住み家になってしまいます。

臭いもあります。どうしてもおしっこの臭いが家の中に残り、第三者には匂います。どうやら、住んでいる人は気が付かないようですが。

 

全てを解消する素材はたくさんありますが、人間にも優しいとなると、限られてきます。

床材としては、何と言ってもコルクタイルが一番でしょう。人にもペットにも最適です。但し、トイレの躾ができていない時は無理です。コルクがおしっこを吸って臭くなります。

臭い消しは、通風と換気が一番です。常時動き続ける換気扇が必要でしょう。また、珪藻土や漆喰の壁も臭いを吸収するので有効です。但し、猫の爪研ぎがあるので、猫の場合には、腰丈までは硬い板が良いです。

 

犬の場合は、お風呂の準備も必要です。昼間、すぐに入れるような設備があると便利です。

人間ではないので、やはりペット仕様は必要です。それが、ペットの為にもなるでしょう。