住宅の話

しっとりとした木が大好きなシロアリ
しっとりとした木が大好きなシロアリ

家の天敵の話、続けます。
家を傷めて老朽化させる原因として、水、紫外線、そして酸性雨を上げました。でも、木造の場合には更にシロアリもあります。

 

木材の耐久性に関しては、各種の専門分野での論文がありますが、平たく言いますと、含水率20%という数字が一つの境目になっているようです。含水率、と言うのは、木材の中に含まれる水分の量を、重さの比率で表したものです。生きている木では、100%とか中には100%以上のものもありますが、建築に使われる木材は乾燥させてあります。その乾燥の程度が、含水率20%という目安になってきます。

 

シロアリは、含水率20%以下のパサパサの木は食べられません。しっとりとした木が好きな訳です。また、20%以下だと腐りもしません。腐朽菌という腐らせる菌が育たないからです。

ペンキを塗ると水分が中に閉じこめられて、腐る原因となります。木材用のオイルを含ませると、乾燥しすぎも防げて、長持ちします。

と言う訳で、風通しを良くして、濡れてもすぐに自然乾燥するような建て方をしてあれば、木材はずいぶんと保つ、ということになります。それをしないと、腐ったり、シロアリの餌食となることになります。

 

結局、シロアリも腐るのも、原因は水でした。やっぱり、水は天敵です。

鉄、コンクリート、木、どれも水への対策が必要で、更に屋外の物は紫外線と酸性雨への対策。と、実は分かっているのですが、なかなか十分に対策が取れないのが難しいところです。つまり、予算もあるし断熱性も必要だし、すきま風は困るし・・・

やっぱり、10年毎に点検するしかないのかもしれません。