バンコクから

パイナップルをくりぬいて中に炒めたご飯が入っている料理。私の大好物です
パイナップルをくりぬいて中に炒めたご飯が入っている料理。私の大好物です

タイというと、タイ料理を思い浮かべる人は多いでしょう。実際、タイの料理はおいしいです。料理の種類が多く、味付けも複雑で色々な味を楽しめるので、1ヶ月滞在していても食べ飽きることがありません。しかも、そんなにコッテリしていないのでカロリーも低いのではないかと思います。

油、チーズ、ミルクなどのハイカロリーな物はあまり入っていないで、野菜、魚貝類、鶏肉などが主です。それに、甘さ、辛さ、酸っぱさを微妙なバランスでミックスしている、類のない料理です。

辛い!って思っている人も多いようです。辛くすれば辛くなります。でも唐辛子を入れなければ辛くはありません。自分で好きにトッピングできるので、私はあまり辛くしません。

 

カロリーが高くないと思うのは、太っている人が少ないからです。男女を問わずやせ形で、特に若い女性は細い人が多く、大きな欧米人と並ぶとほとんど親子です。

 

でもタイ料理には、色々な香辛料が入っていて、その一部には、かなり匂いや味の強い物もあり、苦手な人も多いかも。加えて、油で炒める、揚げるという料理も多いので、作るときにはすごい匂いや煙が出ます。

と言っても、日本でも魚を焼けば同じ事ですが。

その為か、家ではあまり伝統的なタイ料理を作らない家庭が増えています。タイ料理を食べたければ、一歩外に出れば、屋台やレストランは山のようにあるので、無理して家で作る必要もないのでしょう。

 

また、中流以上の住宅では、室内のキッチンの他に、屋外にタイ料理専門のキッチンを設けている家もあります。屋外と言っても、一応屋根はかかっていますが、吹きさらしです。その為、匂いや煙は家の中に入ってきません。「結構使っている」という話も聞きました。

近所迷惑だろうって、心配は無用です。お互い様だし、日本よりは隣までは離れていますから。

 

料理は、その国の文化です。台所、料理、トイレを見ると、結構その国の文化の心臓部を知ることも出来ます。

その意味では、タイは、素朴で食べることが大好きな人種と言えるでしょう。