住宅の話

有名な家相盤 時々使いますが、家の中心の出し方が易者によって違うので困ってしまいます
有名な家相盤 時々使いますが、家の中心の出し方が易者によって違うので困ってしまいます

住宅の設計は、家相と年寄りには勝てません。理由は、どちらも理屈ではないからです。理論や科学の範疇ではなく、信じて疑わない世界なので、とうてい説明して納得してもらえるという期待は有り得ません。

もちろん、長い歴史や自身の体験や経験から得た知識ですので、それなりの理由はあり、尊重されるべきものです。ただ、物事にはやはり優劣や順序というものがあります。一事に固執して万事を逸する、の例えのように、家の設計全体のバランスを壊してしまうことも少なからずあります。

 

家相は、最近では風水という形で若い女性の間にも浸透しているようです。家相と風水の正確な違いは、私にはわかりません。ただ、家相のほかに地相というものもあり、風水は、天、地、風、水など、自然の摂理から得られた総合的な学問であり、その一部として、家や土地に関する専門が分離したと言われています。なので、風水と家相では、言っていることが似ています。

 

日本では古来、家相が主流でした。そこに占い的要素のある風水が輸入され、女性を中心に広まっているようです。その意味では、日本では家相が主流だった訳です。

鬼門や裏鬼門、張りや欠け、階段、不浄、仏壇、台所の位置や、玄関、門、池、植木の位置なども指定されています。

気にすればキリがないし、ダメと言われりゃ気にもなる、と言うのが本音でしょう。それで、玄関や階段を鬼門に持ってくるな、とか、東南は張れ、とか言った有名な部分だけを採用する人も多いようです。

 

否定も肯定もしません。気になるなら、ちゃんとした人に見てもらって下さい、といつも言っています。もちろん有料で、結構高額です。結果は、たいてい何カ所か問題点が見つかり、修正で済む場合は修正し、修正不可能な場所があるときは、その易者が厄除けの方法を教えてくれます。

それでスッキリするようです。

 

スッキリしたいなら、しっかりと見てもらいましょう。まぁいいか、程度なら、サラリと流しましょう。

お願いですから、中途半端に設計者を困らせないで下さい。