住宅プラン

組み合わせが自由なシステム収納  メーカーのHPから
組み合わせが自由なシステム収納  メーカーのHPから

住宅を買うのか、収納を買うのか、と疑いたくなるほど収納にこだわる人がいます。納戸、ウォーキングクローゼット、クローゼット、押入、引出し、食器棚、屋根裏収納、床下収納、吊り戸棚、地袋・・・・・・。世の中には色々収納がありますが、あらゆる場所をねらって収納を希望してくる人って、いるものです。

専門家の中にも、必要な収納比率などと言って、一件の住宅に必要な収納の最低面積を提案している人もいます。

とにかく物が多い、というのが現代人の特徴です。

 

特に、一カ所に長く住み続けると、物は増えていくようです。引越しばかりしている人は、物を減らす工夫をするし、何よりも、引越しの度に不要品を処分して行きます。実際、そんな機会でもない限り物の整理など出来ないでしょうから。

 

日本の家具は、細かい細工が特徴で、引出しや小物入れ、隠し扉など、巧みに物入れをこしらえています。その伝統なのか、住宅用のシステム収納、というものが多く売り出されていて、細かい部品を組み合わせてかなりこだわりのある収納を組み合わせる事が出来ます。特に、壁一面をそうした収納システムで埋めて、相当量の収納を確保したりもしています。ただし、結構なお値段になりますが。

でも、いつも思うのですが、そんなにお金をかけて、何を納めるのかしら、って。

 

私は、大きな納戸やクローゼットをドカンと設けるのが好きです。特に細かい細工はしません。せいぜい、棚板を置く準備とハンガーパイプ準備しておく程度です。後は、住みながら工夫して下さい! と言って、まかせてしまいます

後に訪ねてみると、ホームセンターや通販で便利収納を買って整理している人もいれば、棚にうまく整理している人、何でも壁に掛けている人、むやみに放り込んでいる人、などさまざまです。ただ、共通しているのは、工夫しながら何とか納めていると言うことです。

 

経験上、収納はいくらあっても不足します。あればあるだけ突っ込み、奥の物は出てこない、というのが収納です。

畳一帖が数十万の世界です。物を減らす工夫の方が、本当は必要だと思うのですが。