住宅プラン

シンプルなデザインの階段手すり  どうしてもゴツいデザインにはしたくありませんでした
シンプルなデザインの階段手すり  どうしてもゴツいデザインにはしたくありませんでした

高齢者との同居や二世帯住宅での生活、あるいは、高齢者だけでの生活、などへの対応に、バリアフリーという考え方があります。英語では、barrier free ということになりますが、つまり、障害が無い、と言う意味の和製英語です。

障害という意味では、段差やまたぎ、階段の昇降、突起物の排除、鋭利な角部分を丸くする、などがあります。日本では特に、段差の解消や手摺の設置、扉の引戸への交換などが多く行われていますが、これらの背景には、車いすや歩行補助具などを使う姿があります。

 

世界的には、特に高齢者や障害者を対象としたバリアフリーのような表現は見掛けません。よく使われているのは、ユニバーサルデザイン、universal design という言葉です。これは高齢者や障害者などに限定せず、老若男女を問わず、文化や言葉の違い、障害やケガなどあらゆる問題を乗り越えて、誰もが使いやすいデザインを考える、という意味です。

確かに、高麗者より幼児の方が危険な部位はたくさんありますし、まだ文字の読めない人、あるいは日本語が読めない人への注意書きは、書いていないのと全く同じになります。そうした障壁を無くそう、というのがこのデザインの主旨で、世界的にはこの思想の方が広まっています。

 

住宅でも同じです。車いす、という特殊な状況を前提としての設計は、ある意味簡単です。本当に難しいのは、やはり老若男女を問わず、万人に優しい設計です。何処の何が危険なのか、日常平気で使っている住宅の、何処に危険が潜んでいるのか、それを見つけ出して安全に設計するのは、相当な集中力と注意力を必要とします。

 

かっこいい住宅は、得てして危険な物で、逆に安全重視の住宅は、やぼったくて価格も高くなりがちです。例えば、手摺はシンプルで目立たない方がきれいですが、安全な手摺は、ゴツくて野暮ったくなります。

ユニバーサルデザインの必要性は分かっていても、ついついかっこよさをデザインしてしまう事が多いのは事実で、反省もしています。

 

でも、欧米の自然公園や自然遺産などの映像等を見ていると、結構危険なガケや歩道に手摺やガードレールが無かったりしています。なので、見た目がきれいで、景観を損ねません。日本だと必ず野暮ったい手摺やガードレール、そして大きな注意書きと黄色いペンキが出てきて、景観が変わってしまっています。

安全は自分で確保するもの、という精神も、ユニバーサルデザインと同じくらい重要なのかもしれません。