住宅プラン

キッチンセットの寸法  メーカーカタログから
キッチンセットの寸法  メーカーカタログから

台所の物理的な形状には、高さも関係してきます。カウンターの高さや、流しの深さもそうですし、吊り戸棚の位置や高さもそれに含まれます。カウンターの高さは、キッチンメーカーのカタログなどを見ると、85cmを標準として、80cm~90cmまでの範囲を一般的としている様です。最も多い標準品は85cmでした。寸法の出典は知りませんが。

また吊り戸棚は、床から1.5m程度から始まる商品が多いようです。収納の高さは60~70cmが一般的で、これですと、天井高さは2.1~2.2mで十分と言うことになります。

 

キッチンセットの調理代の高さは、諸説があり、これが正しいという数字はありません。人間工学の世界では、伸長から割り出す計算が主流ですが、その計算方法も数種類有り、その方法によって2~3cm程度のズレがあります。ただ、85cmの調理台だと、伸長は160cm以上を対象としていることになります。日本女性の平均身長は158cm程度で、年と共に低くなるので、ちょっと疑問のある数字です。

吊り戸棚の高さが1.5mというのも、伸長160cm程度を前提にしています。もちろん、180cmの私には低すぎますし、154cmの妻には少し高いようです。

 

そんなわけで、キッチンセットには、標準寸法というのはあっても、最適寸法とは別、という結論になります。つるしの洋服だってXS、S、M、L、XLなどと色々な種類があるのに、キッチンセットは85cmの一種類というのは、ちょっと無理のある発想だと思います。自分の肘の高さより少し低め、というのが、一つの目安で、それ以下で実際に検討すると良いと思います。

 

吊り戸棚は、私はあまり設置していません。キッチンが狭くなって邪魔だし、一度入ると、二度と出てこないというのが多いからです。使わない物をしまっておくには、ちょっと有り得ない場所です。ですから、多くの場合やめて目の前を開放的にし、収納量は他でカバーするようにしています。

 

キッチンメーカーのショールームや、住宅会社のカタログからだと、多くが売り手側の都合で仕様を決められてしまいます。

それで値段が上がるわけではないので、是非、オーダーメイドの洋服以上にこだわって、寸法を決めて下さい。