英語から

本物のmansionです  大富豪の大邸宅のことなので、外人にマンションに住んでいるなんて間違っても言えません
本物のmansionです  大富豪の大邸宅のことなので、外人にマンションに住んでいるなんて間違っても言えません

町を歩いていると、マンションやアパートに色々な名前が付いています。そのほとんどがカタカナで、正直、訳の分からない言葉が多いです。「トキワ荘」みたいな荘と名の付くアパートは全く見掛けません。

 

house や home はあまりにも一般的です。住宅の一般的な名詞はhouseになります。homeも家を表わしますが、家庭という意味が強く、純粋に住宅ではありません。

residence も住宅を表わしますが、どちらかと言うと邸宅になるか、あるエリアでの居住地を表わします。例えば、residential area と言えば住宅街になります。

mansion はあまりにも有名です。大邸宅を表わし、セレブの住む家などがmansionになります。日本ではマンションは一般用語ですが、大きな共同住宅は英語ではapartment か、分譲の場合はcondominium になります。

flat も住宅を表わしますが、アパートやその中の一戸を表わす際にもよく使います。別に、平屋ではありません。平屋はone storied house になります。高層住宅の一室でもflatです。

raw house は日本ではあまり使いませんが、長屋のことで、アメリカでは低層集合住宅によく使われます。

 

maison はメゾン、フランス語で住宅一般を指します。フランス語はよく知りませんが、英語のhouseと同義らしいです。何故か日本ではアパートに使われることが多いですが、理由は知りません。

maisonnette はメゾネット、これは英語で、二階建ての集合住宅を表わします。高層アパートでも内部が二階建てになっているとその住戸をメゾネットと呼びます。

terrace house はテラスハウス、やはり集合住宅のことですが、特に低層の二階建て住戸が連続して建っている集合住宅をテラスハウスと呼びます。テラスはベランダと同じ様な意味ですが、ベランダはveranda で、屋根付きのテラスのことになります。

casa はカーサ、元はスペイン語で家の意味。maison と似ていますが、英語としても使われています。

ハイツという呼び名もよく聞きますが、heights であって、高台や台地、高所の意味です。どこから住宅の意味になったか、私はよく知りません。

 

なんて上げているとキリがありませんが、こうしてみるとどれも本来の意味から少しずつ外れているのが気になります。何となくの語呂合わせで使っているような感じです。

2020年にオリンピックが日本に来るし、外国の観光客の誘致に力を入れている日本ですが、そろそろ過去の流行にサヨナラをして、英語を正確な意味で使うか、「旅館」と「ホテル」の違いのように、本当の意味の日本語で表現するようにする時期なのでは、と真剣に心配しています。