住宅の量産

日本最初の大規模ニュータウン  大阪の千里ニュータウンはこの時代の象徴的住宅でした
日本最初の大規模ニュータウン  大阪の千里ニュータウンはこの時代の象徴的住宅でした

研究の一環として、戦後から2000年までの、ハウジングの歴史をまとめています。ハウジングというのは、住宅と住宅生産の両方の意味があり、単に間取りや外観の歴史ではなく、住宅政策や公営団地なども含めての整理です。

とは言っても1945年の終戦から1950年頃までは復興住宅がメインなので、その後の50年間が主な内容になります。

 

日本で最初の団地は1947年に建っていますが、大きく動き出したのは1955年に公団が発足してからです。1954年には高度成長期が始まり、地方から都市部への人口流入が激しく、いきなり大量の住宅不足になりました。営団や公団はその状況に対応するため、一気に大量の団地を作り始めたのが1955年です。平均面積45m2の同じ様な3Kや2DK型プランが、年間数十万戸単位で建設されたのですから、すごいものです。

多くの建築家も量産住宅の提案を数多くしていて、特に建坪9坪の総2階、延18坪の住宅の提案が盛んに行われました。18坪は約60m2で、「9坪ハウス」などと呼ばれています。アパートは45m2、戸建ては60m2というのが、1950年代の目安になっています。

 

1960年代は大型ニュータウンの時代です。団地では全く追いつかないので、数十万戸単位での大型団地が日本各地の都市近郊で行われました。ここまで大きくなると、小学校や中学校、商店街、病院、時には鉄道なども同時に計画されます。

ハウスメーカーが世に台頭し始めたのもこの頃です。大和ハウスやセキスイハウスなど、今でも有名なハウスメーカーがこの頃誕生しています。建築家も工業化住宅に関心を持ち、世の中にプレファブという言葉が出まわり始めました。

実は、マンションの第一号が生まれたのは1957年です。高級団地の異名で高額な分譲アパートを東京都心に建て、それを始めてマンションと呼びました。60年代以降、このマンションは大ブームとなってゆきます。

 

安保闘争、東京オリンピック、東京タワー、受験戦争など、今でも何かと話題に上ってくる主役達は、ほとんどこの頃の出来事です。1973年にオイルショックが起こり高度成長期は修了しました。それまで日本は、毎年住宅着工数100万戸以上を維持し、この1973年には歴代最高の187万戸を記録しました。

でも困ったことに、この頃までに建てられた民間の住宅類は、ほとんどが低品質でした。なので、多くの戸建て住宅が30年程度、コンクリートの建物でも50年程度で寿命になってしまいました。

 

元気よく走り続けてきましたが、回りも後ろも見ず、ただただ前だけを見てきたのでしょう。

何か、明治維新の日本みたいです。ただひたすら、坂の上の雲を追い求めていたのですから。