住宅プラン

住宅用サッシの種類  YKKのカタログより
住宅用サッシの種類  YKKのカタログより

住宅を設計していて、最も難しい事の一つに、窓の設計があります。窓の設計、つまり窓の、位置、大きさ、開け方、ガラス種などの決定です。窓は、室内にとってだけでなく外観にもかなり影響し、デザイン、通風、採光だけでなく、断熱、遮音、家具配置などにも影響する、まさに表裏一体、両刃の刃でもあるのです。

 

現代建築では、窓が異常に大きい住宅が目立ちます。住宅の一面を全面ガラスにして、場合によっては全部が開放できるようにしたりもしています。かと思うと、外部に向かっては全く窓が無く、トップライトや中庭だけから光を取り入れている住宅などもよく見かけます。また、四角い箱のような家に四角い窓がバラバラに散りばめられれていたり、丸やら三角やらの変わった窓だらけの家もあります。

 

もちろん、普通の住宅には普通の引き違いの窓が付いていて、どうってことなく、普通の姿をしてもいます。

さほどに窓というのは建物の外観に影響するところが大きく、建物の表情を決めてもいます。

 

でも実際に設計をしているときは、室内のレイアウトから窓の配置を決めることも多く、浴室や台所、トイレなどの窓は器具の配置から決められてしまうことが多いし、木造では筋交の配置から決められてしまうことや、家具や収納、ベッドや机の配置なども大きく影響しています。

更に、引き違い窓や、片開き窓、ルーバー窓、上げ下げ窓、内開きに外開き、縦滑りや横滑りなど、その開き方や網戸の付け方などで、多数の種類が考えられていて、デザイン、用途、利便性、防犯、通風、視線など、多くの要素から窓の種類とガラス種を選び出します。

 

窓は、採光を取れば大きくしますが、断熱や遮音を考えれば小さくします。通風では引き違いを選んでも、防犯を考えると横滑り窓は有効です。そして、どんな窓でも網戸だけは必須なのでその使い勝手も重要です。

これが一番、という窓はなく、常に一長一短であり、どちらの機能やデザインを優先するかを秤にかけて、最後は独断と偏見とで決めているのが現実です。

住宅のプランニングと窓、そこには宇宙の神秘を解く相対性理論よりも難しい関係が存在していると、私は確信しています。