住宅の話

道路に向かってほとんど窓のない家  横浜市の住宅地で
道路に向かってほとんど窓のない家  横浜市の住宅地で

窓は、大きい方がいいのか、小さい方がいいのか・・・・・

って、大きい方がいいに決まってるじゃない、という声も聞こえてきそうです。でもちょっと考えてみたいと思います。

 

建物の断熱性能で、断熱材の種類や厚みを一生懸命検討しますが、実際には、断熱性能は窓の面積に大きく左右されています。つまり、断熱材ばかり気を使っても、窓が大きければ意味がない事になります。

遮音性能のネックも、窓です。外壁はその厚みと密度でかなり遮音をしますが、ほとんどの音は窓のガラスを通過してきます。

冷房や暖房の効率も、窓の面積に大きく左右されます。特に夏の日射は、西よりの窓からかなり射し込んできますので、冷房の能力を大きくするか、窓の雨戸を閉めてしまうかをしないと、冷房が効きません。また、冬、熱が一番逃げるのも、窓からです。

防火性能の高いコンクリートで設計し、火災に万全を期しても、火が入ってくるのはほとんどが窓からです。雨戸やシャッターは開いていたら何の意味もないです。

泥棒や空き巣も窓を狙います。人が入れない様な窓の方が、防犯上は優位です。

 

こんな風に考えていくと、必ずしも窓は住宅の味方ではないような気がします。

確かに広くて大きい窓は、開放的で明るく、家の中の圧迫感を緩和してくれます。もし外の景色が良ければ、広くて大きいテラスサッシは最高でしょう。でも、外の景色がよい家って、どれだけあるのでしょうか。少なくとも、都市部ではほぼ期待できないでしょう。そう考えると、他の諸性能を高めるために、大きな掃き出し窓を止めて、小さい窓を散りばめた方がいいのかもしれません。

そして、実際にそういった住宅は、建築家の手によってたくさん建てられています。

 

採光、開放感、通風、庭への出入りなど、性能だけでは判断できない窓の価値ですが、少なくとも、南側は常に掃き出し窓、という固定観念だけは、避けた方が良さそうに思います。

トップライト、吹抜、中庭、ガラスブロック、障子など、複数の手をうまく組み合わせた方が、より快適な家になると思います。