リフォーム談話

在来木造の構造模型の写真  多くの問題点は土台と柱の根本付近です。それ以外はチェック程度でOK
在来木造の構造模型の写真  多くの問題点は土台と柱の根本付近です。それ以外はチェック程度でOK

リフォームか建替えか?

判断基準も評価基準もない世界ですので、この判断は人任せになります。人任せということは、その人の都合と利益によって決まるという事です。一般的には、建替えの方が儲かるので、建替えを進める業者や人が多いと思います。例えば、住宅メーカーでリフォームを勧める人はいないでしょう。

一方、海外では、戸建て住宅を個別に注文して建てる人は少ないので、リフォームが中心となります。古いアパートを現代流に改装したり、中古住宅を自分流にデザインし直したりという個人単位での作業もあれば、一戸のビルを丸ごと現代流に改装する設計事務所の仕事もあります。戸建て注文住宅、という日本の文化は極めて特殊で、海外では一部の高額所得者の特権とされていますし、その必要をあまり感じていない雰囲気もあります。

 

既存の建物が在来木造なら、柱や梁などの主要な構造材さえ元気なら、それ以外は何とかなります。家の形は変えられないですが、外壁や屋根のデザイン、内部の間取りや内装、住宅設備機器などは、注文や予算に応じて変更可能です。見た目はかなりボロくても、基本がしっかりしていれば、風呂に入って着替えるだけで見違えるようになるのは人間と同じ。見た目だけでの判断はやめましょう。

でも、主要な構造材の痛みが激しかったり、明らかに脆弱だったりしたら無理です。建替えるしか有りません。

 

リフォームの最大の利点は、工期が短いこと、見ながら設計できること、そして確認申請が不要なことです。費用は一概には言えません。デザインや設備で大きく変わってしまうので、予算に応じて設計する、というのが本当のところでしょう。

なので、やはり最大の判断基準は、柱や梁などの主要な構造材が元気かどうかと、リフォームで気に入った住宅に変身する可能性があるかの二点です。どちらも、素人では判断の付かない内容です。なので、中立の立場で正確な判断を出してくれそうな設計事務所などに依頼するしかないと思います。病気を医者に看てもらうのと同じですね。

 

省エネとエコの一貫として中古住宅の流通に政府がもっと力を注ぎ、広く一般化するまではまだまだ長い道のりのようです。もしそうなれば、そうした設計事務所も増えるのでしょうが、今のところは運任せになってしまいます。

まぁ、新築住宅の設計も運任せの部分は多いので、似たようなものかもしれませんが・・・・