雨漏れ

ベランダや屋根の雨水の排水口  この周辺などが水の侵入口になります
ベランダや屋根の雨水の排水口  この周辺などが水の侵入口になります

雨漏れを起こしてしまうのは、設計者にとっても施工業者にとっても、最も恥ずかしい事のひとつです。もちろん言い訳のしようがないことで、ただただ、額を床に擦りつけて謝るだけです。でありながら、結構発生しているのも事実です。

 

雨漏れの原因はたくさんあります。でも最も多いのはやはり陸屋根と呼ばれる、平らな屋根の建物での発生です。これには、ベランダも含まれます。平らな屋根やベランダは、防水材と呼ばれるシートや塗布材で仕上げられますが、何よりも水を流すための勾配が非常にゆるく、1/100程度しかないことが雨漏れの引き金になります。少量の雨ならどうって事は無いですが、最近のような激しい豪雨になると、とても雨水を処理しきれないでたまってしまいます。その結果、隠れたわずかな隙間から水が入り込むことになります。特に、雨水を処理する排水溝の周辺や、ベランダに出るテラス窓の下側なんかが怪しい箇所です。

 

これは、木造などの勾配の付いた屋根なら心配有りません。水はたまることなく、勢いよく下に落ちるので、屋根瓦が割れているとか、屋根に穴が空いているなんて事がないかぎり、雨漏れは起こらないでしょう。また、大きなビルなどの屋根でもあまり心配はありません。住宅では使えない様な、大掛かりな防水を施しますので、屋根がプールにでもならない限り、平気です。でも住宅のような、ちょこまかした屋根の防水はそうはいきません。繊細な防水作業をするため、落とし穴も作りがちです。しょせん人間の手作業ですので。

 

原発の漏水事故が話題に上りますが、最後の細かい急所で水を止めているのは、ゴムやシリコンなどの樹脂によるシールです。部材の隙間をゴムや樹脂で埋めて、水の侵入を防いでいます。当然、劣化も起こりますし、シール工事の不手際も起こります。漏水も雨漏れも同じで、そうした所が水の通り道となります。隙間が狭くても関係ありません。毛管現象といって、水は狭い隙間でも侵入しますから。植物が水を吸う原理です。

 

住宅雑誌には、プロの目から見ると危なっかしい防水処理を多く見掛けます。実際、雨漏れは起こっていて、工務店からよくグチを聞きます。これらは、設計者責任の雨漏れなのですが、実際に対策に応じるのは工務店です。つまり、工務店も被害者ですね。

私も現場監督時代に、台風の時に、雨漏れ対策に奔走した記憶があります。ほとんどがシール工事の不手際が原因でした。

そんな経験が、雨に対する対策の知恵になっています。

今後、豪雨が増えそうです。気を引き締めて設計しなければなりません。