雨漏り

シーリング工事の様子  こうやって継ぎ目や隙間を埋めて行きます
シーリング工事の様子  こうやって継ぎ目や隙間を埋めて行きます

雨漏りというと、天井からポッターンと落ちてきて、あわてて洗面器を置く、という状況を思い浮かべますが、実は雨漏りの多くは、天井よりも、壁から入ってきています。と言うよりも、天井からの雨漏りは意外と少なく、その多くは外壁からと言っても良いでしょう。

 

外壁の雨漏りは、普通のシトシト雨では入ってきません。強い風雨の時や台風の時に多く発生します。実際建物の外壁というのは、継ぎ目と穴だらけです。外壁材は常に短い寸法の物をつなぎ合わせていますし、窓の周囲ではかなり複雑な継ぎ目が出てきます。それ以外にも、換気扇の出口や、電気配線の出口、雨樋の出口など、外壁を貫通して外に出て行く部分もたくさんあります。それらは全て、シーリング材というウレタンやシリコンなどの樹脂材で隙間を埋めているだけで、住宅一軒で、おそらく数百メートルのシーリング施工がされているかも。外壁というのはそんな仕組みでできています。

 

そのシーリング材はだいたい10年ぐらいが寿命で、特に紫外線には弱く、硬く劣化し、ヒビが入り、部材から剥がれたりします。そうすると、横殴りの雨などでそこから雨が入り込むわけです。実際の現場では、窓回り、換気扇回りの雨漏れが一番多く、台風の時の定番です。

でも、そうやって表面に出てくれる雨漏りはまだ安心です。もっと厄介なのは、表面に出ないで、壁の中を湿気らせている雨漏りです。断熱材をグシャグシャにして、土台や柱を腐らせ、壁の中をカビだらけにして、最後にはそのカビが室内の表面にも出てきます。表面にカビが出てくる頃には、中は相当にひどい状態です。そうなって始めて分かる雨漏りが、一番怖い雨漏りです。

 

一般的な木造家屋は、壁からの浸水はあまり室内に出てきません。外壁と内壁の間に空間があるので、ほとんどが下に落ちてしまいます。表面に出ないので何年も、或いは十数年も気付かず、土台や柱の根本、根太、床下地などが腐ってゆるみ、始めて気が付くという事が多いので、被害が広がってしまいます。

そうなってからでは大仕事です。できればそうなる前に処置をしたいところですが、病気と同じで健康と思っている内は気にもとめません。定期的なチェックが一番ですが、悪い業者は何でもかんでも交換しようとして、値段を吊り上げるので難しいところです。

持つべき友は医者と弁護士と言いますが、良い設計士も友人に加えた方が良いかもしれません。