リフォーム談話

外装材の一般的な寿命  あくまでも比較です 外壁が壊れるわけではありません
外装材の一般的な寿命  あくまでも比較です 外壁が壊れるわけではありません

外壁のリフォームが、我が家の近所で立て続けに行われています。マンション、戸建ての両方であちこちで行われています。新築住宅も多いですが、何か流行みたいなものがあるのか、それとも消費税の駆け込み需要なのか、真偽のところは分かりません。

住宅の外壁のリフォームは、吹き付けが主流です。モルタルやサイディングの表面に新たに塗装を重ねて施工するのが、塗装のリフォームですが、古い家では、表面に新たにサイディングを張っているリフォームもあるようです。

 

塗装は最も一般的ですが、実は最も奥が深いのも、塗装です。まず、塗装の種類が豊富です。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、光触媒と、その素材によって分類されますが、この順番で価格が上がっていきます。価格はまちまちですが、シリコンやフッ素はやっぱり高価です。でももちろん、寿命は長いですが、最も高価なフッ素でもやっぱり15年程度が一般的で、20年以内には再塗装が必須です。廉価なウレタンやアクリルは8~10年が一般的で、遅くとも15年以内には再塗装が必要で、その差はそれほど大きくはありません。でも、表面の汚れの付き方に、かなり違いはあります。ウレタンやアクリルは汚れが付きやすいです。

 

外壁塗装の寿命には、性能の寿命よりも、汚れのひどさにによる寿命もあります。外壁に雨だれがひどかったり、コケが生えてしまったり、その意味では、光触媒の外壁は汚れの自浄作用があるので、最も優れものでしょう。もちろん高価ですが、汚れは雨で流れてしまいますので、長持ちします。それでも、20年は保ちませんが。

最も高価で頑強と言われるタイルでさえ、15年に一度はメンテナンスは必要です。理由はひび割れが起こるからです。太陽の熱、紫外線、酸性雨など、全てが外壁の敵で、寿命を縮める原因です。屋外に建っている以上避けられないでしょう。適切にメンテナンスするしかありません。

 

外壁リフォームには、詐欺的な手口もあると聞いています。知らないから、言いなりになるしかないのでしょう。でも安かろう悪かろうです。安くて良いは有り得ないと言って間違いはありません。40坪の住宅の150m2の外壁で、1000円/m2違っても15万円の差。実際にはアクリルとシリコンでは3000円程度の差はあるので、40~50万円の差が出てしまいます。これが寿命と汚れの付き難さの違いです。

 

私は新築では、シリコンを吹付ける様にしています。塗装の不要なガルバニウム鋼板のような金属も使いますが。

基本的にメンテナンスが前提の素材です。15年に一度、を目安に、寿命をそろえるように心掛けています。