四角い家

数少ない四角い家です
数少ない四角い家です

とんがった屋根の家のお話しをしました。近年増え続けているとんがった屋根の家ですが、建築雑誌ではほとんど目にすることはありません。恐らく芸術性や表現力において面白みが無いからでしょう。つまり、極めて現実的な家、という訳です。

一方、四角い家はよく建築雑誌に出ています。屋根が無く庇もない、ただの四角い箱です。機能性を殺し、表現力だけで成立させている家ですが、未来を見つめている、という判断だと思います。

 

ところが、実際に住宅街でこの四角い家を探しても、ほとんど見つけ出すことができません。時々見掛けてあった、と思っても、ほとんどが十数年以上前の鉄筋コンクリート製の住宅がほとんどです。木造の四角い家は、めったに見ることはありません。

 

四角い家の良さを考えてみました。

ちょっと変わっている、というのはあると思います。シンプル、単純、力強いなども感じます。屋根があると、いかにも家ですが、四角い箱だと家という感じが薄れて、容器のようにも見えてきます。それも、建築家の目指しているものでしょう。

コンクリートや鉄骨の家では、屋根は梁の上に乗り、基本的に平らな方が経済的です。なので屋根無しの四角い家が自動的にできてきます。なのでこれは、機能的な表現と言うべきで、木造の四角い家とは全く異なっています。

 

建築家は大好きなのに、何故住宅メーカーや建て売りメーカーが四角い家を好まないのでしょうか。

一般請けしない、はあるでしょう。不特定多数を対象にした時、やはり屋根無しの家は不評なのかも。更に、屋根無しだと雨漏りしやすい、もあると思います。雨漏りは最大の瑕疵、つまり施工ミスです。なのでそのリスクは負いたくないのでしょう。

 

一部の鉄骨やコンクリート系住宅メーカーは好んで四角い家を建てていますが、やはり日本の住宅には屋根が必要なのでしょう。

いえ、日本だけではありません。世界中の住宅が屋根を好んでいます。これはつまり、屋根は、必要な機能だという意味なのでしょう。

四角い家は、やっぱり、他とは違う家、という個性の発露と考えて良いのかもしれません。