テレビの場所

懐かしいテレビ  国産初のカラーテレビだそうです
懐かしいテレビ  国産初のカラーテレビだそうです

テレビの無い生活など考えられない、という人は多いと思います。もちろんニュースなどの重要な情報もありますが、ドラマ、お笑い、バラエティー、ドキュメンタリー、教養番組などの他に最近ではかなりの量のテレビショッピングも利用されているようです。なので人によって見る番組の違いはあれど、無いと困る存在だとは思います。

 

住宅を設計していると、テレビの置き場、というのは重要な要素になっています。何処で見るか、どうやって見るか、誰と見るか、いつ見るかなど、状況が家庭によって異なり、その要望に合わせてテレビの置き場を決めて行きます。置き場で一番多いのは居間ですが、食事をしながらも見られる事が条件であったり、食事の時は見ないが原則だったり、居間と食堂の両方に必要であったりと、やはり状況は複雑です。加えて、テレビの大きさ、置き方、レコーダーの有無、更に最近ではインターネット接続の必要性まで確認が必要です。実際、相当な時間をかけて打ち合わせしているのが現状です。

 

食事の時はテレビは消しなさい! という教育を受けた方もいるのではないでしょうか。逆に、テレビを見ていられるのは食事の時ぐらい、という方もいます。子供の子守りとしてのテレビ、テレビよりテレビゲームが本命という方、テレビを見る以外やることが無いという高齢者、一人住まいで寂しいからとにかく点けておくという方、パソコンで部屋で見ている方など、使い方や見方も色々です。よくもまぁ、これだけ人間の世界に入り込んだものだ、とつくずく感心しています。

 

実は、設計者はかなりテレビに翻弄されています。まず、大きさや形が数年ごとに変わっています。従って置き場の設定をフレキシブルに考えないといけません。更に、アンテナが必要なのかCATVなのか光なのかで準備工事が変わってきます。特にBSの有無が重要です。そして、どの部屋に準備しておくのかも重要です。特に、寝室や子供室などです。後で、という訳にもいきません。

設計は、アドバイスで成り立っています。施主が気付かなくても、こちらから確認しないと後でとんでもない事になってしまうので慎重にならざるを得ません。

ついでに、設計者泣かせの番組も沢山あったりして、実際、テレビというのは厄介な存在です!