モジュール

モジュールというのは寸法の基準の意味で、例えば日本で言う1間、2間という寸法単位や、タタミの半間×半間みたいな広さの基準のことを言います。日本ではこの半間や1間が今でも生き続けていて、例えばベニヤ板みたいな板材は、910mm×1820mmで作られていることが多く、その他に910mmの半分の455mmや1/3の303mmなども基準の寸法として使われています。もちろんこれらは昔の1尺、6寸などの寸法の名残です。

 

この910mmを基準としたモジュールは、特に住宅でのコストパフォーマンスには重要な要素です。例えば、巾3mの壁を作るとすると、910mm巾の板を4枚使って660mmが残る事になります。でも2.7mの壁なら、910mmの板がピッタリ3枚で納まります。無駄がないのでその分経済的なわけです。これがモジュールの重要な要素で、工業化住宅、もしくはプレハブ住宅の重要な仕組みです。

 

ところが、この1820mmというモジュールは、日本人の平均身長が1.5~1.6m程度の時代に作られたもので、現代のように1.6m~1.7mの時代には若干不都合が起こっています。私の身長は1.8mですが、このモジュールの空間では狭いこともあります。有名な例が扉の高さで、1.8mが標準だった扉の高さは、今では2.0mが普通になっています。こんな風に、基準寸法は時代や国によって違ったり見直されたりしています。

 

日本の伝統的な住宅は全て910mmを基準にして作られています。つまりタタミの寸法が1.8m×0.9mで出来ているからです。この基準は大変に便利で、タタミの枚数で部屋の大きさがすぐに分かるし、家具の大きさも90cmの倍数で作ればピッタリと合う計算です。なので部屋の用途変更や住み手の変化に、柔軟に対応してきました。

でも現代のタタミは違います。1枚の大きさは色々で、多くが1.8m以下、0.9m以下で出来ていて、住宅によって異なっています。なのでタタミが6枚敷かれているから6畳とは言えません。タタミが6枚でも部屋の広さは5.5畳なんてことは普通です。すべてのタタミの大きさは異なっていて、敷く場所はパズルの様に決まっています。

 

これは壁の厚みや柱の太さがまちまちで、設計によって異なっていることから起こっています。同じ910mmモジュールで設計されていても、部屋の中の広さは狭くなっているという事です。

でも10m2の部屋、と言われてもピンと来ないですよね。やっぱり6畳の方が分かりやすいです。

910mmを基準にしたモジュールはまだまだ日本では続きそうです。もちろん、悪いことではありません。