台所の憂鬱

こんな本がいっぱいあります  電子レンジも色々に使えそうです
こんな本がいっぱいあります  電子レンジも色々に使えそうです

電子レンジのレシピが増えています。電子レンジでは加熱や温めしかできないと思っていましたが、最近では、ご飯を炊いたり、カレーを作ったり、煮たり、焼いたり、蒸したりと色々な調理が出来るようになってきました。多くは、電子レンジの進化ではなく、調理器具の進化のようです。

 

実はもうすぐ単身赴任をするので、家電品の検討を始めています。冷蔵庫に洗濯機、それに電子レンジまでは購入を決めました。本当は茶碗と箸だけで行きたいのですが、やはり、坂の上の雲の明治時代と同じにはならず、結構贅沢になってしまいそうです。それでも最小限の家電品と思い、炊飯器やコンロ、掃除機などはまだ決めかねています。そんな折りに、電子レンジで炊けるお釜というのがありました、しかも950円程度の樹脂製です。試しに買って試してみました。500wで10分間。その後の蒸らし時間は同じです。そして、しっかりと炊けていました。ちょっと堅めだったので12分にしようかと思っています。

 

ガスコンロは一口の小型の卓上IHにしようかと考えています。安いし清潔だし、何よりもそんなに料理は作らないので、加熱程度で十分です。小さなIHクッキングヒーターと電子レンジがあれば、ほとんどの料理が作れそうです。もちろん一人暮らしの簡単な料理ですが。

 

オール電化という発想があります。今回の一人暮らしはガスの給湯器がアパートに付いているので無理ですが、少なくとも室内の加熱機器は電気でまとめようかと思っています。電気で何処まで可能なのか、身をもって確かめたいというのが本心です。

もちろん電気釜も大型のIHもありますが、最小限にしたい事もあるのでガス釜やガスコンロは止めにしました。掃除機はまだわかりません、ほうきでで十分と思っているのですが。

 

実は我が家では電気釜もガス釜も使っていません。南部の鉄釜を使ってご飯を炊いています。ガスコンロを使いますが、一度食べたら、電気釜のご飯は食べられません。なので、電子レンジで炊くご飯というのは、味の面では不満です。でも効率的ではあり、一人暮らしには十分です。

火鉢を持って行くか悩んでいます。本当は欲しいのですが。魚は炭火で焼く方がおいしいので。

電化の現代と炭火の中世の生活の合体です。変な生活になりそうですが、ちょっと楽しみです。