連休

ウッドデッキの定番塗装剤 キシラデコール
ウッドデッキの定番塗装剤 キシラデコール

日本には盆休みと正月休みの他に、5月の連休がありますが、盆と正月は里帰りなどのある程度決まった予定があっても、5月の連休は完全な休み、という人も多いと思います。里帰りは娯楽性よりは使命感が優先する感じがありますが、5月はその意味では完全にレクリエーションに徹する感じがあります。と言っても、何処といって遠出はせず、近場で家族で楽しむという人も多いとは思いますが。

 

5月の連休は、毎年ウッドデッキの塗装をする、という友人がいます。ウッドデッキというのは屋外の木製のテラスですが、木の材質にもよりますが、年に1回はオイルを上塗りした方が持ちが良くなります。それを知っているので、友人はその作業を、暑くも寒くもない5月連休に行っている様です。私なりに納得です。そうした屋外の作業は5月の気候は最適ですから。

 

私も5月の連休は家のメンテナンスに当てることが多いです。

まず台所の換気扇やガスコンロの大掃除がこの頃です。徹底的に分解して、隅々まで綺麗にします。あと、網戸の清掃もこの季節です。外して浴室に持ち込み、シャワーをかけながら丸洗いをします。10年に一回程度は、網戸の張り替えもしてしまいます。フローリングにワックスをかけたり、家中で一斉に使わない物の処分をしたりします。処分は主に細かい物が多いですが、時には粗大ゴミも出したりして、大掃除に近いかもしれません。

 

5月というのは、確かに便利です。窓を開け放っても家の中は寒くも暑くもなく、虫も少ないので楽です。夏から秋にかけては、屋外でそうしたことをすると、すぐに蚊に食われるので嫌になりますし、冬は寒くてその気になれません。5月はやはり最適です。子供が小さい時から連休に遠出することは無かったので、そうした習慣に自然となった感じです。これだけメンテナンスに時間をかけてもまだまだ休日は残りますので、遊ぶ時間も十分残っています。

アメリカ人は、土曜日に家のメンテナンスを行い、日曜日は教会に行った後に家族とゆっくり過ごす、という習慣を聞いたことがあります。どの程度の信憑性かは不明ですが、少なくとも土曜日のメンテナンスは芝刈りを含めて、男の重要な家事労働であり、それをしない夫は離婚される、とも聞きました。中古市場が活発なアメリカですので、自宅をメンテすることは自分の資産を管理する重要な仕事、と位置づけられています。

 

5月の連休になると、昔アメリカ人に聞いたそんな話を思い出しながら、家のメンテナンスをするのが、私の習慣でもあります。