食器棚

奥にあるのが茶箪笥  昔はこの程度の食器棚で十分だった様です
奥にあるのが茶箪笥  昔はこの程度の食器棚で十分だった様です

キッチンセットの吊り戸棚というのは邪魔な存在だと思います。低く下げると目の前を圧迫してうっとうしいし、高く上げてしまうと手が届かなくて収納の意味がありません。最近の流行となっているアイランド型や対面型のキッチンセットだと、あきらかに視界を遮ってしまうので基本的に付けないで計画します。そうでなくても、やはりどうせ手が届かないから最小限の範囲でしか計画しません。ではどこに食器を片付けるのか? けっこう工夫します。

 

食器は低い位置に納まるようにします。目の高さまで。そうでないと奥に入った食器は、日の目を見なくなってしまいます。あのでカウンター型の収納を計画するようにしています。それと電子レンジや電気釜の置き場の上です。それほど高くならずに済み、ちょうど目線程度の置き場になります。組み込み式の食器洗浄機も便利です。日常的に使う食器は結構限られています。茶碗や箸、コップや湯飲み、味噌汁のお椀、平たい皿や煮物用の皿、サラダの皿などなど、それほど種類が豊富なわけではありません。それらの日常的な食器は食器洗浄機にスッポリと収まってしまいます。食後に食洗機に入れたら後は乾燥までそのまま、そして次ぎに使う時までそのまま入れっぱなしにしてしまいます。そうすると、食洗機が食器棚の役になってくれます。

 

マンションや建て売り住宅などでは、食器棚とレンジ台、冷蔵庫などを並べて納めるために家具を買わなければなりません。寸法を計り出来るだけ隙間無く納めようとしますが、なかなかうまくは行きません。ましてや、もし引越しをしたりすると全く寸法が合わなくなります。大きく隙間が空くか入らないか。なんか無駄なスペースが多くなって、食器がきれいに納まりません。そんな経験を誰もが持っていると思います。食器棚というのは、本来はキッチンセットと同時にオーダーで取付けておくべき収納です。そしてカウンター収納が便利です。

 

食器の量が少なかった、つまり食事の内容が単純だった時代には、出来合いの食器棚、昔流の茶箪笥で十分に足りました。でも食事の内容が多彩になり食器の種類が増えている現代では、コンパクトに収納する工夫が求められます。でも結婚式の引き出物で皿や鍋類をもらうことが減ってきた昨今です。仕舞いっぱなしの吊り戸棚はやめにして、機動力のある食器棚が求められます。