雨漏り

防水技術と建築技術の進歩とにより、雨漏りがほとんど見られなくなりました。特にコンクリート造の平らな屋根の家では、かなり慎重に施工しても雨漏りが出たものですが、防水工法の進歩のお陰で、新築ではめったに発生しなくなっています。もちろん木造住宅でも、屋根瓦が減ってコロニアル葺きや鉄板葺きなどが主流になったため、長い年月が経っても雨漏りが出にくくなっています。

 

コンクリート造の建築は、現場で何回にも分けてコンクリートを打設するので、どうしてもコンクリートの継ぎ目がたくさん出てきます。なので気付かない隙間から水が染み込むことがよくありました。特に、新築直後でも雨漏りは発生します。隙間は最初からあるからです。屋根ばかりでなく、外壁やサッシの周辺で見られます。継ぎ目をコーキングで埋めているだけなので、見えない隙間が原因となります。でも、それも減ってきました。

 

減ってきたとは言え、台風が来るとやはりアチコチで雨漏りの話が出てきます。その多くが外壁からの雨漏りです。屋根は漏らなくても、外壁の隙間に横殴りの雨が当たるとそこから水が入りますから、台風の時ぐらいしか出てこないのです。経験的に多いのが、外壁の換気扇の周辺やクーラーの穴。窓の下の周辺などで多いようです。台風でもなければ漏れないので、逆に漏れてもほっておけばすぐに乾いて、後は別に何もない事が多いです。

 

屋根瓦は、固定するために針金をたくさん使っています。当然錆びて切れてしまいます。それが台風の風で動いたりするとそこから水が入るようになります。でも、これも下から上に向かって水が吹き上がらなければ大丈夫なことが多いです。鉄板の屋根は、錆びて傷んだところや、鉄板同士の継ぎ目の部分から。コロニアル葺きは、古くて劣化した部材が割れたりヒビが入ったりして、そこから漏れます。どれも、大量の雨の時だけと言うことが多いです。

 

直すべきか、そのまま放っておくべきか?

悩ましい所でしょうが、どれも、部材の寿命から来ている事が多いので、本当は全体の手入れをした方が無難です。劣化がひどくなると全交換になってしまうこともあるので、かえって高く付きますから。

雨漏りは、家の老化を知らせてくれる、ちょうど良いバロメーターかもしれません。