住宅の匂い

いろいろな消臭剤があります
いろいろな消臭剤があります

現代人、特に女性は匂いに敏感です。住宅の中にも匂いの発生源は無数にあって、その匂いにも鋭く反応するので、設計者としては気を使います。

 

住宅の匂いと言えば、まずトイレの匂いを一番に考える人は多いでしょうが、実は一番の発生源は台所です。トイレは密閉され、最近はほぼ水洗便所が一般なので、よほど不潔にしていなければ匂いは気になりません。でも台所は別です。食品自体の匂いや生ゴミの匂い、飛び散った油の匂い、換気扇の汚れの匂い、キャビネットの中の匂い、排水口の汚れによる匂い、カビの匂いなど、発生源が多いため根絶が困難です。加えて、最近の台所はオープンなことが多いので、その匂いが家の中でこもったりしてしまいます。

 

更に悪いことに、住宅の気密性の向上と共稼ぎの増加とで家を閉め切っている時間が増え、その匂いがこもりやすくなっています。24時間換気をしているから・・・と安心はできません。多少は効果がありますが、発生量が多ければ、結局は家の中に充満してしまうので。

 

家の建替え計画などでお宅にお邪魔することが多い私は、その家の匂いにも敏感です。もともと嗅覚が鋭い事もありますが、一番はその家の住民は家の匂いに慣れてしまっていて、匂いを感じていない、と言うのが匂いを感じる理由の一番です。正にその家の独特の匂いです。きっと、壁や天井、家具、カーテンなどに匂いが染みついていると思います。その匂いが常に漂っているのでしょう。でも、住んでいる人達は、もう感じなくなっています。

消臭剤を使っている家庭も多いですが、その消臭剤がかえって臭かったりします。

 

匂いは、なかなかしぶといです。空気抜きと清潔が一番ですが、外出が多いと困難です。

住宅の匂い対策は、新たな住宅性能の一部になるでしょう。