ログハウスが完成

建築中だったログハウスが完成しました。2階部分は屋根裏部屋だけの設計ですので、一見すると山小屋の様に見えますが、これでも2階は結構広く、中央部では天井も3m以上あるのでかなり開放感があります。


ログハウスは、丸太を組み上げて作るので、建物の外周部は丸太がそのまま内装になります。なので、完全な無垢の木の家です。加えて、床材も無垢フローリングで、間仕切り壁も無垢の板材仕上げにしました。なので、合板が全くない、丸ごとそっくり、無垢の木の家ということになります。


丸太は国産材で、九州の日田で育った杉です。輸入材より少し柔らかいですが、木の香りは最高です。家の中は全て木の香りで充満しています。輸入材のダグラスファーやホワイトウッドではこうはなりません。こだわりの部分です。もちろん、若干高かったですが。


これだけ無垢の丸太を豊富に使っているので、やはり家の価格は高めです。でも、壁の断熱材や仕上げ材が不要なので、その分は安価になります。その断熱性能は、断熱材を入れた気密工法の現代住宅をしのぎます。まず熱が貫通することはないでしょう。


手入れは大変で、木は縮むのでその対策も必要ですが、自然を感じながら呼吸する木の家は、やはり手に入れたい一品です。