レスキュー隊?

決して、レスキュー隊ではありません。ワカマツプロジェクトの空き家再生活動で、既存家屋の内部を調査したり清掃したりする際の作業服です。12色程度の色から、彼女らが選んだつなぎの色がオレンジだったので、レスキュー隊になってしまっただけです。


築50年の木造家屋は、メンテナンスさえしていれば、内装以外はそれほどひどい状態にはなりません。でも、今回の調査では、かなり状態が悪い事が明らかになりました。


床下の通気が取れていなかったので、柱の根元がかなり腐っていました。梁が傾き、その為に窓も歪んでいる場所も有ります。これも柱の根元のせいです。シロアリの被害は見られせんでしたので、やはり湿気が大きな要因でしょう。


土台、大引、根太と合わせて、柱の根元も補強が必要です。と言っても、そこが木造の良い所で、腐った部分を切り落として、接ぎ木で処理出来ますが。

不思議と、雨漏りはありませんでした。でも、屋根の仕上げはやり変える予定です。


何せ、これから使おうとしている方も、ワカマツグラシのメンバーも予算がないので、最小限でリノベーションをしなければなりません。

計画は学生が図面を引きますが、私は、予算との格闘になりそうです。