犬とログハウス1

10日程前から、我が家に子犬が来ました。北九州の保健所に引き取られていた野良犬の子ですが、生後2ヶ月で我が家の新しい家族となりました。

もともと、犬を飼う前提で設計したログハウスです。なので、犬も人間も自然に同居出来るように計画されています。


1階は、中央に薪ストーブと階段がある以外、間仕切りは何もありませんし、障害物もテーブルと椅子ぐらいです。なので、子犬は家中を自由に走り回っています。特に、中央のストーブ周辺をグルグル回るのが好きで、興奮するとグルグルと何周も走り回っています。8.8m×4.7mの約25帖程度の部屋ですが、人間にしてみればバスケットコートを走り回っている様な感じでしょう。子犬にとってはかなりの運動量だとおもいます。


実は、犬にとって、フローリングは滑って良くないという認識を持っていました。でも、天然木の無塗装のフローリングには驚きました。多少の滑りはありますが、基本的にはほとんど滑ることなく、グルグル走り回わるのもほとんど全速力で大丈夫なのです。

実際、我々人間も全く滑りません。私は家では一年中裸足なので、その意味でも極めて快適です。


木の床が滑るのは、表面の塗装のせいだったのでしょう。確かに、最近のフローリングは、傷が付かない様にハードコートでツルツルに仕上げてありますので。でも、天然木にオイルフィニッシュ仕上げの床にしてあるので、表面は木の質感そのものです。多少木目のザラザラ感があり、全く滑らない訳です。

結果論ですが、良い選択でしたし、新しい認識を得る事ができました。