ワカマツグラシ7

ゲストハウスに置く小屋の2作目が出来上りました。

前回の小屋は、少し重くて、大きな印象があったので、2作目では軽い印象を与え、扱い易い重さに配慮して設計しました。

 

アイデアは学生のものです。

ベッドの下を収納にして、バッグや着替えを収納できる様にして、寝室の部分は布でテント状にし、全体としてスケール感が小さめになっています。収納部分はしっかりとできていて頑丈ですが、寝室部分は骨組みと布のテントだけです。

 

今回の小屋は、学生がアイデアと設計図を作成し、一般の参加者が実際にDIYで製作しています。製作期間は約3日で、写真に映っている大工さんがアドバイスしながら作成しました。ですが、布によるテントの部分は一般の方には無理です。そこは、家政学部の衣服分野の協力が必要でした。

骨組みが出来たタイミングで採寸し、布を買ってきて大学の裁縫室で縫いました。

実際に被せて仮縫いする時間が無かったので、一発勝負です。7日のイベントの日に持ち込み、実際に被せてみるまでは不安でしたが、見事にピッタリでした。さすが、縫製の演習で鍛えただけのことはあります。

 

DIYも慣れてきました。電動工具の使い方やペンキ塗りの刷毛さばきも一人前です。

次は、実際に一軒の家のリノベーションにチャレンジします。学生が一人、ここに住みたいと言い始めたので、皆で協力してリノベすることにしました。

10月から始めます。3月の完成を目指して、頑張ります。