門司港5

10月1日から、後期のレトロなでしこが始まりました。

初日の日曜日は16人のお客様が訪れ、始まって以来最も多い人数に利用していただくことが出来ました。

午後には一度に7人のお客様が訪れ、着付けに1時間ぐらい待たせてしまって、申し訳ないこともしてしまいました。場所が狭いので一度に二人しか着付けられないので、今後の対策が必要になりそうです。

 

夏から、SNSやチラシ、インターネット上の情報サイトへの広告のアップ、ポスターの設置など、数多くの公専活動をしてきた成果が現れたのかもしれません。もっともっと、多くの方に利用して頂いて、門司港の雰囲気をよりレトロ感あふれる場にしたいと思っています。

 

実は、おおくの公専活動を英語と日本語の二カ国語で行っています。1日には韓国からの旅行客がいらっしゃいましたが、これも英語のポスターを見て来てくれています。

究極の目的は外国人旅行客に、もっと門司港を知ってもらおうと言う事ですので、今後、もっとSNSに力を入れたいと思って、学生達の課題としています。

 

写真はNHKハイビジョン放送の取材風景です。テレビやイベントからの協力依頼が、9月だけで4件ありました。これもうれしい限りです。

学生も初めてのモデル撮影に、最初は緊張もしていましたが、徐々に慣れて、ポーズも堂に入ったものになってきています。

「女子力」の強さをヒシヒシと感じる次第です。